総計: 1043642  今日: 6  昨日: 7       Home E-Mail
長野県 北信地区の被害者のサイト
いきさつ
書き込み
刀言葉 盾言葉
ひとり言
 
 
 はじめての方へ
乱暴な文章ですが  思考盗聴とは
 ボックスのタイトル : はじめての方へ
 題名 : 乱暴な文章ですが  思考盗聴とは

この事件は 加害者が 被害者の 意識に直接 声 を聞かせてくる

さらに 加害者が 被害者の 思考 を 深く読み取ることができる

声は 被害者の直となりに存る 第三者には聞こえない

被害者の意識だけに 聞かせてくる

声は録音できない

という 一般の方は 「そんな事がある訳ない」 と思うような事件である

しかし それらを研究してきた 組織 もある ときく

私には  の送信だけだが 痛み ニオイ 映像 の伝達もできる という ウワサ だ

宗教団体 公安警察 が関わっている 等 様々な説がある

 

加害者には 人間味が感じられない

声の干渉には 共通点があり マニュアル通りに加害を加えている と 思われる フシ がある

一時もとぎれることなく 声の干渉は続く

 

私は 加害を加えられてから 11年になる

加害者に どんな理由あろうと 刑務所に入れることを目的としている

自制心により 今も人並みに生活している

 

私には 科学的に証明する 知識 能力 は無いのでこの文章は

加害者を 言葉でどのように

<あしらうか>

<圧力をかけるか>

<怒りを発散するためバカにするか>

<声の干渉を無視し 心を落ち着けるか>

を 私の場合について 書いている

加害者が 刑務所に入るまで続けることを目的としている

 

私の 文章は 多少乱暴だが

≪犯罪者に対して一般人がもつ悪意≫

と 受け取ってほしい

 

私は 加害者を <人間とみなさない>

         <どんなに倫理に叛く言葉を投げつけても良い>

何故なら 私の意識の中に土足で立ち入るような人格しか持ち合わせていない者たち である事

被害を 最小限にし 自分を守るのは当たり前のことである

私の 自由な人生を 妨げられる筋合はない事

加害者は 汚い言葉を投げかけてくる それに対抗するために 被害者は 加害者をどれだけコキおろしても良い

 

よって 加害者を 言葉でバカにし続け 可能な限り精神的優位に立つことが必要だ

 

という事をふまえて読んでいただきたい   

<伝言メモ>

〔2009/9/15〕

反創価学会に関する署名について。

創価学会による反社会的行為について糾弾を続けていた2人の市民に対して、2800万円の損害賠償訴訟をおこされました。
真実を知らせようとする言論を弾圧するために行う、創価学会の十八番ですが、なりふりかまわずとうとう市民へとその矛先が向けられてきました。
この訴訟が、逆に一般市民の団結に向けられることを強く願うばかりです。

「日本よ何処へ」のサイトを通じて、署名のお願いが掲載されました。
リンクフリーと書かれていますので、賛同いただける皆さんのサイトにもぜひ掲載をお願い致します。

創価学会による損害賠償訴訟に対する署名
    http://asaki-akiyo.babyblue.jp/

一人でも多くの皆様のご協力をお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-->