総計: 1051248  今日: 9  昨日: 15       Home E-Mail
長野県 北信地区の被害者のサイト
いきさつ
書き込み
刀言葉 盾言葉
ひとり言
 
 
 刀言葉 1 
 刀言葉 2 
 盾言葉 1 
 盾言葉 2 
 盾言葉 3 
 盾言葉 4 
 盾言葉 5 
 盾言葉 6 
 盾言葉 7 
 盾言葉 8 
 盾言葉 9 
 盾言葉 結論 
 はじめての方へ
乱暴な文章ですが  思考盗聴とは

盾言葉 <たてことば と読む 加害者をあしらう言葉>

 

<オレの強み>                    <ゴミの強み>   

ゴミを追っ払う 刑務所に入れる            今の段階では立証されていない

刑事 民事 に対し何一つ恐さはない         ゴミは刑事 民事を恐れている

 

だから 立証を待つ間 ストレスをためずに ゴミをバカにし 落ち着いて生活をする

 

<ゴミの手法として>

 

「友達になれない」

「うふふ」 と オチャラケてみせる

「私達の気持ち考えてよ」 私の ではなく 私達 と言う 一人では何も出来ない性質

「あきれ返って物も言えない」

「ごめんね ごめんねなんて言えないよね」

<仲良くなれるのに技>

「仲良くなれるのに」 と まるで友達になるためにやっていると 思い込ませようとするものがあるが

ゴミの目的は 発狂 自殺 事故死 病死 を狙っているだけ <ゴミは必ずつぶす事>

 

オレにはまだ 痛み の伝達はないので ゴミは <ゴミ達がオレを守っているから メーザー はこない>

と思い込ませようとするのも 無視

<オレが勝ってゴミは完全につぶす> という事だけを考えていれば良い

(メーザー とは 痛み を与える装置らしい)

 

と オチャラケた事件だと思い込ませようとするが

悪質な犯罪なので <ゴミを刑務所に入れる事だけ考えていれば良い>

 

ゴミの手法を メモしておき 分析 するとゴミの手法のパターンが見えてくる

やがて あしらえるようになる

 

自分の空想 他人に対する感情 は誰でももつもの (オレにもある) なので ゴミに干渉されても無視する それに対して ゴミをキズつけたいなら 前記のレポート1 から 10 よりゴミをキズつける言葉をコジつければ良い

オレには出来ない事だが 無視 もいいだろう

空想 他人に対するイメージより

<社会生活を出来ないゴミの立場の方が恥ずかしい事である>

必ず 長い懲役刑に服役させる事を考えれば良い

 

オレが 半分合手 半分無視 と言っているのは

<ここで多少言葉で勝ってもタイホにつながらない 立件が重要> と考える

 

半分合手は <自己暗示> ゴミは オレの失敗をあおる

これは 重要な事で 事態の勝敗にもつながる 逆に ゴミに <失敗> <ダメ人間> という 暗示をかけ続ける

 

この 勝ちの心理 と 負けの心理 は非常に重要である

いつも <オレが勝つ> という形と <ゴミは負ける> という 暗示を オレ自身にも ゴミにもかける

 

オレは レポートで ゴミをたたく 語 の例を挙げたが それをそのまま使い続けてはダメだ

ゴミも完全なバカではないので工夫してくる

<自己暗示> と じゅうなんに対応する 安定の心構えで半分だけ合手にする

 

事件の性質上 <忍耐> は必須 多分時間がかかるので 腰を重くして構える

 

苦しみから脱け出すには <ゴミを刑務所に放り込む以外に無い>

その活動を <実際にする> 事だけしかない

 

ゴミはオレに意識させたい いつもそれ オレは無視がいい だから キッカケ はいつもゴミ

前記の <自己暗示法> で <ゴミがダメ人間> だという意味の言葉を用意しておき当てがう

 

オレ自身に対しての オレの <自己暗示> も含めて <オレが勝つ> <ゴミは負ける> と常に意識させる

ゴミの狙いもそれ オレの失敗を意識させる

<オレが勝つ> <ゴミは負ける> 事を意識させる

 

悪い時は 成功例を引き合いに出し続ける

ゴミが悪い時は オレがかつて思った事を言うが オレは この文章を書く事でゴミをバカにし 発散する

 

<長期戦の心構えをもつ>

2年で終わらせるつもりが 3年 4年 5年 となると精神的につらい

一生続けて 必ず 罪に対する罰を与える 心構え

オレは 絶対にゴミを刑務所に入れる

 

第一に <刑務所に入れるまで生きる>

 

第二に <オレが勝ち ゴミが負ける> という刷り込みを普段のやり取りで

≪必ず成功させる≫

 

ゴミが入るであろう 刑務所の名を言う

 

「今タイホに向かったよ」 と一日何回か言う  実際そうなる事だ

 

<私は 無信仰 だが 真の神にあたれ>

人は誰でも 多かれ少なかれ 罪深いものだ オレもそうだ 愛猫を愛しすぎたゆえ殺し 母を殴り 父も殴った

オレの罪の罰は こんなものではないが ゴミにやらせるな ゴミに対する罰は ケジメ としてつけさせる

 

ねこと母と父に対する罰は <真の神> がオレに直接与えろ

ゴミに対する罰は オレにやらせろ

 

<真の神> がいるなら <私にゴミを社会的に抹殺させたまえ>

結果 (ゴミを刑務所に入れる) を与えたまえ

 

ゴミに 理論をとくのは完全な無駄だ

ゴミを刑務所に入れるまで <真の神> にあたり続けろ <結果> をくれと

 

ストレス解消に 鼻から空気を吸い 口から吐き出す 事を 5回 ゆっくりと  一日5回やる TVでやってた

 

ゴミ合手にママゴト試練やらすな ゴミなんて生きていてもしょうがないんだから すぐタイホ さいばん にかけて 禁固でも懲役でもなく 血液と骨髄液と目と皮取っ払って カチク として飼い殺すか すぐに 解体 しちまえ

<カチクを絶対生かすな>

 

「カチクをタイホに向かったよ」 「本当だよ」 「もうすぐタイホに行くよ」 「本当だよ」 真実だ

 

オレがもし ゴミの立場で <必ずストーカをやれ> とせまられたら やっただろう ゴミもオレも人間としての本質はたいして変わらないだろうが

(ま 私はあんな ゲス じゃないけどね)

<やったか やらなかったか> が違う

つまり どれだけ善人であろうと悪業を犯したらそれは悪人だ

<やったか やらなかったか が天と地ほど違う>

だからゴミはつぶす

 

禁固でも懲役でもなく 血液と骨髄液取りまくり 両目もとっぱらって カチク として扱え と <真の神> に訴える

 

絶対生かすな どれだけ 圧力 がかかっていても <やった> 事に対する 罰 は必ず与えろ

倫理に何一つ叛かない

 

ゴミが 第三者を引き合いに出しても 天使と悪魔の手法できても 必ず切れ 人の情をゆさぶるだけの手法だ

<ゴミをつぶすことは 倫理に何一つ叛かない>

 

そうすると ゴミが何を引き合いに出しても 気にならなくなる

 

オレは 高見の見物だ 傍観者 (活動はするけど)

 

もうオレは <ゴミをあわれむのだよ> だが助けはしない 傍観するだけだ

 

<やった> ゴミはもう手遅れだ

 

 

 

真の神 と書いたが私は 宗教関係者ではない <理想の正義> という意味

 

 

以下 盾言葉 2