総計: 1043642  今日: 6  昨日: 7       Home E-Mail
長野県 北信地区の被害者のサイト
いきさつ
書き込み
刀言葉 盾言葉
ひとり言
 
 
 刀言葉 1 
 刀言葉 2 
 盾言葉 1 
 盾言葉 2 
 盾言葉 3 
 盾言葉 4 
 盾言葉 5 
 盾言葉 6 
 盾言葉 7 
 盾言葉 8 
 盾言葉 9 
 盾言葉 結論 
 はじめての方へ
乱暴な文章ですが  思考盗聴とは

盾言葉 3

 

ゴミの手法として

 

オレの 思った事を <ほのめかす> <あてこする> 等して 最後に言う というモノがある

そこに 被害者が 隠そう とする気持ちにつけ込むモノ それを繰り返す事で

被害者は 加害者が知らない事まで考える

そして 加害者は何でも知っていると 思い込まされる 実際に細かなことまで解るようだが考えていないことは解らない

と 同時に 被害者の思っている事を引き出す という <ゴミの形> に合てはめられる

 

別に 空想上の事なんてどうでもいいじゃない と被害者は 開き直ればいい

空想上のモノなど ゴミにくれてやれ

その替わりに 必ず 「タイホに向かってるよ」 を加害者に <刷り込む>

前に書いた <悪い時は絶対に負けない> 勝ち と その後 <ゆるぎない安定> の 確認 の 2回勝つ 心構え

 

このとき ゴミは 余裕があると思い込ませようとするが できたフリをしているだけ

逆に オレのチャンス ゴミのキズつく 語 とか 単に 「タイホ」 でもいい

空想上の事など 「タイホに向かってるよ」 の ノシ つけて押しつけてやれ

<オレが勝つ ゴミは負ける> 意識をさせる

 

実際に 殺人事件 とか ひき逃げ 等していなければ 何でもない

くれてやる替わりに 「タイホ」 を刷り込む <オレの形> にする <ゴミの形にはさせない>

 

<オレの形> タイホ 解体 をちらつかせる ゴミの形にさせない

 

<ゴミの形> オレの思っている事を引き出す

 

半分合手 半分無視 なので 半分合手のとき 「タイホ」 を刷り込み

後は 半分無視 なので 無視するだけだ

 

バレたら しかたない 隠そうとするから 更に悪くなる 逆に イジワルでゴミに 教えてあげない ポーズ

か 「タイホに向かってるよ」 の カウンターパンチ の ノシを ブチ込むのが良い

 

オレの場合 「TTに何コスリつけようとしてるのー?」 とか

        「HHのヨサ,,,]

等で 逆に ゴミを追い込む

 

オレは 直接会っていない 他の被害者のホームページで 自ら命を絶ってしまった方も存る とだけ読んだ

オレは 霊 等存在するのか解からない が  は必ずある

心を汲む

ゴミ1万人の命より 自殺した 人 一人の 心 の方が 比にならないほど 重い

 

今後 この事態がどうなるかは解からない が オレは生きる 心を汲む

 

 

オレは 最近まで ゴミへの対応に 即問即答 が必要 と考えていたが 「タイホに向かってるよ」 で 充分

 

ゴミを 合手にしていると 人間が汚れる

たまーに ゴミを バカにするために 合手をしてやるのも良いが

汚い人間に関わっていると オレの人格までダメになってしまう

 

まあ 世の中は 仕事等で いろんな人物と関わらなければならないから 誰でも多少は 汚れる から

今までの ゴミへの対応は 授業料という事で 

 

<ゴミは 下の下 の人格>

 

図々しい女

 

オレの ストーカ要員は

ただ しゃべるだけの 男

スシ虫 のような イケスカナイ 奴

他の女

図々しい女

 

特に オレの言う事を しつこく 腹の底から声を出すような 図太いしゃべり方で 必ずいちいち復唱する 図々しい女

オレが かつて考えた事を 何回も繰り返す

オレが その女に言った事を  「−−なのはお前だーっ」  等

 

オレは こいつが 一番嫌い である

オレ語  「生まれ育ちの悪さから来る 図々しい親近感でTTにーー」  を当てがう事にしている

 

オレの 考えた事を いちいち言う 過去に考えた事を 一時も休まずに繰り返す

「ガマンできない」 「イライラする」 オレの 言った事に 「そうだけど」  等

 

オレ語  「お前がTTに図々しい親近感をもっていることを TTに教えてあげようか?」  も当てがう

 

ゴミが 悪いときも その女は 図々しくふるまう

オレ語  「タイホーー」 には  図々しい女語  「HHここに居るよ」  「もうダメだ」

 

オレの 小ミス 例えば ボールペンを床に落とす 等 に いちいち喜んでみせる

 

前記の オレの考えた事を ほのめかし あてこすり 最後に言う のも その女だ

 

多分 加害者の マニュアルで そういう ポジション を用意しているのだろう

 

この 役目は  <オレを怒らせる>  <オレに意識させる>  事により

オレが ゴミに対して怒りを込めて 罵詈雑言 を言う ことをさせようとする 目的

 

被害者を 怒らせて ゴミに対し かなり悪態をついても

ゴミは 先に被害者に対して 怒らせる事を言っているので

被害者の ゴミに対する 罵詈雑言 を受け流せる という 発想もあるのだろう

 

オレ語  「タイホされたらTTに教えてやろーっ」

      「もうタイホに向かってるよ」

      「合法的解体」

 

等 で あとは 無視 する

 

執念 のような 感情は  <タイホ>  <刑務所>  以外 は 持たない事

 

 

<含み> という手法

 

ゴミは オレの考えた事を 一時的に言い 後は <あてこする>  <ほのめかす>

等で 形を決めない  ゴミの <含み>

 

形が決まれば 人間的に 何の魅力も無い ゴミを 誰も合手にしない

 

ゴミが オレが言った事を 必ず 復唱するのは オレに 形を決めさせ

ゴミには オレの言葉は通用しない と 思い込ませようとするモノ

 

だが 確実に ゴミに ダメージ を与えられる 言葉 として

 

<タイホ>

<刑務所>

<解体>

 

がある

 

後は 多少 利くものとして オレの場合は 「TTにーー」  とか があるが

多少 利くものは 使わず取っておく  これが オレの <含み>

 

態度 としては <無視> <気にかけない> <たまに見物する> <余裕をもった生活をし立件に向かう姿勢>

 

このうち <余裕をもった生活をし立件に向かう姿勢> を オレは推す 多分ゴミはコレを嫌がる

ゆとりを もって 落ち着いて たまに ゴミを 見物しながら バカにし 立件に取り組む 姿勢

 

とは 言っても ゴミは <しつこい> 

だから オレの場合 レコード を聴く 自転車で 散歩 等 おだやかな気分でいる 時間 をもつ

 

前に 書いた <見る> <研究する> ことに当たる 科学的 証明 の概要を 押えておく のは <必須>

 

無視する にも 完全に気にかけないモノ と ウットウシイ から 無視する態度をとるモノ がある

ウットウシイ から 無視は 半分合手 に当たる

<タイホ> <解体> 等 を当てがい やりとげる

 

四六時中 <見る> <研究> するのは 大変なので 余裕のある 人生計画で成し遂げる

 

おそらく 思考盗聴 の関連情報 を調べるとき ゴミは しつこく干渉してくるだろう <タイホ> <解体>

を ちらつかせる そして 余裕をもって 調べる 半分合手

 

半分無視 のときは

あまり 深く考えずに おだやかな気分になれる

音楽を聴く 自転車に乗る 等で 完全に無視 する

 

 

確真

 

この 事態では  <生きるか 死ぬか>  という 所 が 確真

 

性格 や 感情 についてのモノは 確真 ではない

ゴミの  <ほのめかし>  <あてこすり>  は 確真ではない

 

ゴミは ストーカの裏に  <一生付きまとう>  とか  <自殺 発狂>  を見え隠れさせる

コレが 確真

 

だから オレは  <ゴミの生死に関する>  「タイホ」  「解体」  等  を言う

コレが 確真

 

前記の 「TTのーー」  等 はどうでもいい事だ

たまに 引き合いに出す 当てがう だけのモノ

 

人間性 等の問題を ゴミと ゴチャゴチャ 言い合っても意味が無い

 

オレは ゴミに対し 確真 である

 

<タイホ>

<解体>

<刑務所>

 

だけ 当てがい続け 実際にそうすれば良い

 

 

オレの 文章は

 

この事態は こうゆうモノだ オレの例を述べるとーーー

 

オレは 科学的能力が無いので  <待つ>  それまでの ゴミへの対応を 突詰める

 

というもの

 

どうすれば 立件 タイホ に結びつくか?  という  具体的な 案 と 行動 が伴っていない

<待つ>  こと くらいしかない

 

他の 被害者の モノ を見ても  <実際にどうすれば解決するか>

と いう 具体的な モノ が無い

 

あれば ゴミは とっくに 刑務所の中だ

 

頭の良い人が 公表 するのを 待つ しかないのだろうか?

 

しかし この犯罪に 対抗するには

 

<気長に待つ>

<一生続けても必ず刑務所に入れる>

<あせりは禁物>

 

は 必要だ

 

自分のペースで 落ち着いて 生活をし  <待つ>  事が ゴミを 追い詰めているかもしれない

 

立件 タイホ に向かうのは あたりまえだ

その上で  血眼になって 命を削ってまで 執念を燃やす のも        <かつてのオレがそうだった>

ゆっくりと 自分のペースで よゆう をもってやるのも

結果は  <ゴミが刑務所に入る>  なので

 

ゆっくり やりやしょうや  

 

いつかは  <こういう犯罪があった>  と あたりまえの物理的現象として 誰もが知ることになると 信じて

 

 

以下 盾言葉 4