総計: 1043642  今日: 6  昨日: 7       Home E-Mail
長野県 北信地区の被害者のサイト
いきさつ
書き込み
刀言葉 盾言葉
ひとり言
 
 
 刀言葉 1 
 刀言葉 2 
 盾言葉 1 
 盾言葉 2 
 盾言葉 3 
 盾言葉 4 
 盾言葉 5 
 盾言葉 6 
 盾言葉 7 
 盾言葉 8 
 盾言葉 9 
 盾言葉 結論 
 はじめての方へ
乱暴な文章ですが  思考盗聴とは

盾言葉 5

 

図々しい女に

オレ語  「生まれ育ちが悪い」  と言うと   オウム返しで

図々しい女語  「生まれ育ちが悪い」   を繰り返す

 

そこに

オレ語  「TT」  を言うと

図々しい女語  「生まれ育ちが悪いTT」

オレ語  「TTの生まれ育ちが悪いんだ ?」  と言うと  「生まれ育ちが悪い」  を言わなくなる

 

コノあたり にも  ゴミは 完全ではない  と  見受けられる

 

<タイホ>  に  図々しい女語  「HHここに居るよ」  には

オレ語  「HHのヨサノアキコサネアツヒグチイチヨウ」  を 刷り込む事にしている

 

オレ語を <タイホ>  <解体>  <TT>  のみにする

この3つに対応する ゴミの語を  総て  つぶしていく

 

<タイホ>  に

ゴミ語  「HHここに居るよ」  なら

オレ語  「HHのヨサノアキコサネアツヒグチイチヨウ」

 

<TT>  に

ゴミ語  「生まれ育ちが悪いTT」  だから  コレはもうつぶした

 

そして  他は  ゴミへの対応を  省く

少し前の オレは  省く  ことが 出来なかった

だが  完全な無視  をしないのは 考えないいように行動していると  自転車に乗っているとき  等

危険だ

 

それに  無視  するだけだと  ただの 人形 だ

それはそれで  <ゴミに 不毛 空回り>  させ  立件に向かう姿勢だが

 

オレのやり方で  <ゴミを嫌ーな気分にさせたい>  という 感情 を抑えることが どうしても出来ない

それが ゴミの 術中 だろうと

<人間は人間らしく生きる>  ということを 捨てる事は出来ない

 

オレは 田舎者なので 考え方が古い のかもしれないが  オレはそういうタイプなので そうするだけだ

 

 

図々しい女は  言葉と 態度 以外 何もしない

オレの バセイ に対して 図々しい女は対応しない  大抵は 他の女が 穏やかに受け流す形をとる

 

図は

 

図々しい女が  ペースメーカー  で 干渉してくる

図々しい女に対する バセイ を 他の女が受け持ち

 

「何でこうなるの」

「だめだこりゃ」

「私達の気持ち考えてよ」

「そうだけど」

「がまんできないこともある」

「どっちもどっち」

「よかったね」

「よしっ」

 

 

そのとき スシ虫が 図々しい態度をとる

ただ しゃべるだけの男は 傍観者の立場をとる

というもの

 

 

危険信号

 

幼い頃 地震が起こるんじゃないだろうか とか

オレは ガン になったらどうしよう とか   訳も無く 考える  杞憂  ですね

不安をいだく事は まず起こらない

 

それらが 実際に起きた時の 最善の方法を あれこれ考える

これが 大切で その不安に思った事に対して 自分が出来る事を考えているのは 良いことだ

 

危険なのは  不安や  恐れを  抱かなくなったとき

だから このストーカにしても  常に  日常生活に  心配 や 不安 を抱く  それらが実際に起きた時どうすれば良いか考える

という事は していなければならない     危険を感じる事を マヒ させてはダメだ

 

 

オレは オレの 人間性 の通り    半分合手   半分無視

 

被害者の 目的は   <ゴミを刑務所に入れる>   コレは 全員 一致している と思う

 

それまでの  手段  態度  は一人一人  自分に合ったモノ が 一番良い

これが  決定判  という ものは無い

 

 

ゴミ語  「ごめんね ごめんねなんて言えないよね」  に

オレ語  「TTにーーー」   を 入れると

ゴミ語  「もっと恥ずかしい事教えてあげる」   と

これには  オレ語  「タイホと同時にTTに教えてやろーっ」

 

ゴミの   <羞恥心>  を ゆさぶる技

図々しい女が  年下の男に 図々しい感情を持っている と

<実際に言う場面をゴミに意識させる>

 

オレは ゴミが  <タイホ>  されたら 実際に TTに 言う

 

 

上手くいく イメージ を持つ

 

ゴミは  <失敗>  <思考に干渉>  を 繰り返す が

 

<失敗>  に対しては 自分自身が 物事に 取り組むときに  <上手くいく イメージ>  を 持つ  そして実際に成功させる

<思考の干渉>  には オレの場合 ゴミに対する 言葉 を 前記の 3つだけにして  他の対応は 省く

 

オレは 人間なので 自分の これからの事を いろいろ考える

それに 干渉 する ゴミには  無視  と  素直に 怒りを込めた 悪意の  <語>  を 入れる

この 怒りを素直に出す ことは 良い事 だと思う   ま  半分以上は 無視 しているけどね

 

すると  オレが ラジオを聞いているとき ラジオで放送された 何の意味も無い 言葉を 繰り返し言う という 方法をとる

これは  常に オレに意識させる  あるいは そこから オレが 別の思考をし それを 引き出す

という モノだが

 

<オレの ゴミに対する 干渉>

 

HHのヨサノアキコサネアツヒグチイチヨウ  の うちの

 

「ヨサ」  だけ  ゴミに 当てがい  ゴミに  「HHのヨサノアキコサネアツヒグチイチヨウ」

を 言わせる事で 解決する

 

そして  ゴミが  <失敗>  したら

オレ語  「あーあ また刑務所に近づいちゃった」

を入れる

 

<オレが勝つ>   <ゴミは負ける>   という 刷り込み

 

 

ゴミの語に   <TT>   <HHのヨサ>  を対応させる

 

ゴミ語  「何か隠していると思ったら」  「今 何か隠した」

には  オレ語  「TTに」   「HHのヨサ」  途中で切って 全部言わない   <含み>  ですね

 

ゴミ語  「もっと恥ずかしい事教えてあげる」

には  オレ語  「タイホされたらTTに教えてやろーっ」

 

と 意識をゴミに向ける

その上で  <タイホ>  <解体>  を入れると

<オレが勝つ>    <ゴミは負ける>   刷り込みになる

 

 

鏡のようなもの

 

オレの 対応は ゴミの手法を そのままゴミにハネ返す 要素が多い

しかし ゴミと異うのは  <オレは勝ったら楽になり金が多額入る>  <ゴミは負けたら刑務所>

という 社会的に有利な立場 である

 

無視するのは 反射が来ない という  <ゴミの空回り不毛>

合手にするのは ゴミの攻撃が総てゴミにハネ返る  <ゴミの不快>

 

ゴミの 第三者を引き合いに出す 手法 は オレにも使えている  <TT>  がソレ

<TT>  に 客観的な意見のみ 述べたならよいが  <TT>  に臭い尻の穴をコスリ付けて そくせきお父さん になってもらおうとした

「生まれ育ちが悪い」  とも言った  これは 侮辱罪になる

これらを   <タイホと同時に実際に教える>   という引き合いに出すのは かなり利いている

 

前にも書いたが  オレは  <タイホ>  と同時に実際に  <TT>  に言う

 

小さな目的

最終的な目的は  <ゴミを刑務所に入れる事>  だが それらは 法 や 証明される という前程の 他力 のモノだ

ひとまず 刑事 はおいておく

ゴミの 出来る事は  <ストーカ> と <同種の人間にオレの思考を言う> 事くらいだ  コレは ゴミの自力

だから オレの自力で出来る事を 心の ヨリドコロ にする

タイホと同時に TTに言う コレは 仮にゴミが タイホを逃れた としても TTに言う事は オレに必ず出来る 自力 の事だ

ゴミに 対応する 引き合いには 自力で出来る事 それが小さな事でも 自力でいつでも出来る事 なので何かに左右されない

 

そして <最終的な目的> の後 被害者はゴミに支払わせた金で楽しく暮す  ゴミは長い懲役刑中に生活習慣病で死ぬ

事を願う

 

小さな成功例

ゴミ語  「イライラする」  「ガマンできない」

には  オレ語  「TTに教えたくてウズウズしているんだけど」

の  「ウズウズする」  を 当てがう

オレ語  「ヨサ」 に反応が無ければ  「HHそこに居るんじゃなかったの?」

で ゴミに言わせる

すると  ゴミ語  「ヨサノアキコサネアツの」

オレ語  「誰 の?」  で言わせる

ゴミ語  「HHここに居るよ」

オレ語  「そこに居るなら言ってあげなきゃ」

      「HH 俺のことが良かったんじゃなかったのかっ てツムジ曲げてるよ」

ゴミが  「HH」  で反応しなくなったら

オレ語  「TTに教えたくてウズウズしてくる」

で  「HH」  「TT」  を交互に言う

そこに ゴミが 弱気 感情的 になったら

オレ語  「あーあ またタイホに近づいちゃった」  で刷り込む

悪意 には 悪意

言っていると  ゴミ語  「TTに教え方」

オレ語  「TTに教え方を教えてあげようか?」

オレ語  「別に正義とか法を守るために言っているんじゃ無いんだよ単なる悪意で言ってあげているんだよ」

 

以下 盾言葉 6